岡本のアパルトマン工事始まりました!

NEWSでお伝えした「岡本アパルトマンプロジェクト」の工事がいよいよ始まりました。
本日は解体からですがみるみる内に設備や床天井が外されほぼスケルトン状態になりました。

工事を請け負ってくれているのが「ワイズデザイン」という神戸市北区の工務店さんです。
社長の山下さん(写真右)は30代ですが、数々の難しい現場を経験し解決して来た超人気の工務店です。

と言うのも彼の現場監理はいつも完璧で、お客様からのクレームは皆無と言って良い程です。
クレーム産業と言われるこの難しいリフォーム業界ですが、彼程の完璧主義の工事は見た事もありません。

御陰でウィッシュのリフォームも今ではクレームも無くなり、施主様には大変満足して頂いております。

写真の通り山下さんの陽気な人柄の良さも人気があり、施主様には信頼も厚く絶大の人気です。

職人の城山さん(写真中央)は少々シャイな人柄ですが、
どんな難しい現場でも無理だと言った事も無く「俺が何とかしたる!」と
頼もしく、いつも完璧な納まりを実現してくれるプロ中のプロの職人さんです。

そんな工務店や職人さんがいて下さって、
ここまで施主様に喜んでいただけたリフォームが続けてこれました。

感謝!感謝です!!
どんな事が起るか分からない難しい工事ですが、状況をまたお伝えして行きます。

キッチンとカップボードをオーダーでお作りしました。

2世帯住宅の子世帯部分のキッチンとカップボードを先日納品させて頂きました。

身長の高い奥様にとって使い易いシンクの高さは90cm、
コンロは逆に75cmと低い段違いサイズでした。

シンクは食器洗いと野菜洗いの二つに分けたいと思うと、
市販のキッチンメーカーでは理想の形状のモノは全く無く、カップボードも天井の形状に合わせ、
最大限の収納を確保したいと問題を解決するためフルオーダーに決められました。

どうせフルオーダーにするなら、家電収納もコンパクトにまとめ見せない工夫で
使い易いデザインをと夢が広がり、ごちゃごちゃする充電式掃除機やゴミ箱、パソコンの関連機器も
すべてカップボードに収まる欲張り設計に進化しました。

これでスッキリ収納でき、奥様にも大満足していただきました。

ウィッシュのキッチンはどんな問題も解決します!

リフォームをして頂いて8年!今回またプチリフォーム!!

新婚さんだった六甲アイランドのM様ご夫妻のマンションの全面リフォームをさせて頂いて早8年!

ついこの間だと思っていたのに、いつの間にか来年小学生になる息子さんもおられびっくり!!

ウィッシュリフォームの施主参加第1号のお客様でしたので私たちも思い入れがあり感激もひとしお。

今回息子さんが小学校に入学される事を機に、ダイニングに息子さんの勉強コーナーの新設と
広いリビングを吊り戸で間仕切った子供部屋をつくるプチリフォームをする事になりました。

元々仲の良いご夫妻二人がリラックスできる家をコンセプトにリフォームしたのですが
ライフスタイルの変化に伴い、子育てし易い家へのコンセプトの変更になりました。

その為、以前塗ったぬり壁材ジョリパット(樹脂系)から珪藻土に新しく塗り替える事になりました。

勿論、息子さんの健康を考えての事での決断です。
今回は親子3人家族で仲良くで塗る事になります。

前回のリフォームでも左官工事はお客様がされましたので、今回は息子も含め家族みんな楽しみだそうです。

このニュースでもまた、親子3人のぬり壁左官工事のレポートをお伝え致します。

 

子育て支援リフォームはお任せください。

家事をしながら子供にも注意をはらえる間取りやキッチンが理想ですという方が最近増えています。

安心して子供を遊ばせながら、勉強もみながら忙しい家事もしっかり済ませたいと思うのは当たり前です。
ウィッシュでは家事動線と子供の遊び場や勉強スペースを優先したデザインをお客様と一緒に考えています。

一人一人にあった子育て問題を解決できるプランを徹底してヒアリングを進めながら考えて行きます。
勿論、子供さんが楽しく遊べる空間のアイデアや安心できる自然素材の建材などあらゆる面からも検討します。

実は私の実家は保育園で、永年子供のための空間づくりを研究していましたので得意中の得意分野です!

と言うか私がこの年になっても子供目線だからでしょうか?

ともかく、子育てし易くて、子供が楽しい家づくりはデザインする方も楽しくて仕方ありません。

珪藻土の塗り方お教えいたします。

ウィッシュでリフォームされるお客様の殆どは珪藻土のぬり壁材を選択される方が多いです。
珪藻土自体はそんなに高価なものではありませんが、左官職人の手間代が結構かかります。

そのため塗りにくい天井だけ職人さんにお願いしたり、寝室などプライベートスペースのみ施主施工など
コストを下げるため皆さん自分たちで塗る事を決断されています。勿論すべてお客様が塗る方もおられます。

職人さんと一緒に塗ると安心して指導して頂けますし、困ってもすぐポイントも聞けますのでお勧めです。

 

私も以前、珪藻土のぬり壁教室に参加して教わりましたが、実際自分が一人で塗る時には不安でした。

その時の私の経験から、職人さんと一緒に塗る方法にたどり着き、多くの方に喜んで頂いております。
ウィッシュの左官職人さんは気さくな方ばかりですので、親切丁寧にに珪藻土の塗り方を教えてくれます。

珪藻土のリフォームをお考えの方は気軽にご相談ください。
施主施工希望のお客様、大歓迎です。

 

桐のフローリングと珪藻土のぬり壁のリフォーム施主様のご紹介

結婚を機会に自宅の下の賃貸スペースを新居にリフォームされました西宮の新婚さん。

私たちの自宅兼モデルルームを見学して頂き、桐のフローリングに感動!

新居は絶対に桐のフローリングと自然素材100%の珪藻土のぬり壁で!!と即決。

理想と予算とを解決するために、珪藻土は自分たちで塗る事を決断!!!

リフォーム工事に施主参加する事によって、コストダウンを実現されました。

これから始まる新婚生活を快適な空間で暮らす夢を叶えられました。これからもお幸せに!

 

 

 

私たちの自宅を桐のフローリングのモデルルームとして公開中

冬暖かくて床暖房のいらないフローリング材として注目されている桐を体感していただけるスペースとして

私たちの自宅マンションを公開しています。冬の寒い日でも素足でも暖かく、スリッパも全く必要いりません。

肌触りも心地よく、ゴロンと床に寝転んでいるといつの間にか眠ってしまう程快適です。

これから寒い冬が近づいて参りますが、冬支度にはピッタリです。断熱効果の高い桐は暖房効率も20~30%向上します。

エコで人に優しい桐のフローリングをぜひ体感して見て下さい。掃除しなくちゃいけませんので事前予約をお願い致します。(笑)

私たちオーナーの紹介をはじめてします。

初めまして、私たちがwish(ウィッシュ)のオーナーです。

ホームページをスタートして12年経ちますが、写真で登場するのは初めてです。
元々アパレルメーカーで18年働いていましたが40歳 の時に全く経験の無い住宅業界で独立しました。

そもそも30代の時に3度も家を建てたり中古マンションをリフォームしたりして、
自分たちの理想の家作りの難しさを経験しました。

そんな時、”理想の家作りの大変さを解決してくれる会社があったらいいなぁ。”という単純な発想で起業。

最初の頃は雑貨とオーダー家具からはじめ、オーダーキッチン、リフォーム、新築住宅、店舗と徐々に広がり
今では空間デザインすべてを行うようになりました。

理想の家作りのお手伝いはわたしたちも本当に楽しく、どんな無理難題も
お客様と一緒に工夫しながら解決していくストーリーにはまってしまいました。

また今は、興味は食まで広がり無農薬野菜や食材の販売、
ジャズやクラッシックのコンサートも出来るカフェ等、ライフスタイル全般の提案まで広がっています。

いつもお客様発想で「こんなのあったらいいな」を繰り返していたら何屋さんか分からない形態になってしまいました。
これからもどんどん変化して行くと思います。
「これは、面白い!」を見つけてはブログで発信して行きますので、楽しみにしていて下さい。
これからも宜しくお願い致します。

今井博志&晶子

 

newsが新しくなりました!

newsのデザインを変えました。
wishからの最新情報を発信していきますので、チェックしてくださいね。

過去のnewsについては下記のURLから確認することができます。
http://www.we-wish.co.jp/news/news_old.html
今後もよろしくお願い致します。