またまた難しいキッチンにチャレンジしました。

SONY DSC

イタリア人建築家依頼の、円形のキッチンを製作しました。

今まで数多くのキッチンを製作しましたが、これほど難しいデザインは初めてです。

何度も図面を描いては職人と打ち合わせを行い慎重に慎重に進めました。

SONY DSC

 

扉も引出しも全て円形を作るのは大変で、アールの木型を作り

何枚もの木を重ね上から圧力をかけてじっくり製作しました。

これは職人さんが気が遠くなる時間と手間をかけてくれた御陰です。

SONY DSC

 

ウィッシュのキッチンには不可能と言う言葉はありませんが

全て職人さんの根気強い匠の技に支えられています。

久野家具デザイン工房の皆様本当にありがとうございました。

 

シャンパンとジャズの夕べを開催しました。

SONY DSC

 

5月5日はウィッシュの創業記念日です。御陰さまで14年目を迎える事になりました。

毎年コンサートを企画していましたが、今年はフランスのシャンパンメーカーとタイアップさせて頂き

高級シャンパンを飲みながらジャズを聴くなんて、大人の夜をお洒落に過ごしました。

SONY DSC

 

フランスのシャンパンパニエ社よりテレンス•ケニー氏をお迎えしてシャンパンの楽しいお話を聞きました。

シャンパンの楽しみ方からちょっと役に立つ雑学的な話まで、この話でシャンパン通になった気分です。

SONY DSC

 

料理は三宮のデリカテッセン「ベルターブル」からシャンパンにあうオードブルをケータリングしました。

パニエ社のビンテージシャンパンを頂きながら最高にリッチな気分に浸りました。

ちなみにシャンパンを飲むと女性は美しく、男性は頭がよくなるそうです。

パインの無垢材のキッチンをお作りしました。

SONY DSCSONY DSC

 

奥様が以前からの夢だったパインとタイルのキッチンを

新築を機会に念願の夢を叶えられました。

特にタイルにはこだわりが強く名古屋モザイクさんのショールームで

1日がかりで選びに選んだ究極のオーダーキッチンです。

素材への想いが強い分、設備は国産のメーカーのローコストなタイプを選び

全体の予算を押さえ、キッチンとお揃いのカップボード(家電収納)と

寝室の階のミニキッチンと3点セットでオーダー頂きました。

シンクとコンロの使い易い高さは違う物です。そのためキッチンの高さは

2段の高低差を付け毎日の調理にストレスのかからないデザインにしました。

SONY DSC

SONY DSC

 

これからも大切にお使い下さい。年月が経てば経つ程味わいの出て来るキッチンです。

タイルの目地もベージュ色にしましたので、汚れも気にせづ安心してお使い頂けます。

カップボードは左半分のトール収納にレンジや炊飯器等全てが表に出さずに収納。

スッキリ物を出さずにパインの素材感を楽しめるデザインにしました。

SONY DSCSONY DSC

姫路のリフォームモデルルームの写真です!Vol.1

SONY DSCSONY DSC

 

以前は応接間として使われており、1970年代流行の板張りの少し薄暗い重厚なイメージでした。

リフォーム後は壁を白くし、昔のドアも黒板塗料で黒く塗りモノトーンの世界にしました。

10畳とそんなに広く無いリビング&ダイニングには壁掛けテレビで空間を広く取りました。

SONY DSC

 

2m60cmの天井の高さを有効に使ってギャラリースペースに活用し

ソファーの横はコレクションのギターを並べ趣味コーナーにしました。

SONY DSCSONY DSC

 

元々の応接間とダイニングキッチンの壁を抜き、リビング&ダイニングを見渡せるオープンキッチンにしました。

タイルの天板とオークの無垢材を使用したオーダーキッチンは収納もたっぷりと確保しました。

SONY DSC

 

キッチンの背面は全面黒板にして楽しいディスプレイコーナーにしました。

右の壁面にはスッキリと家電と食器を収納出来る様、大きな扉をつけました。

こんなキッチンにチャレンジしました!

SONY DSCSONY DSC

キッチンの天板と床がコンクリートのキッチンです。タイルのキッチンは今までも製作して来ましたが

お客様のご要望でコンクリートの無垢のキッチンに初めてチャレンジしました。

シンプルでスタイリッシュでどこか味のある世界で一つだけのキッチンです。

SONY DSCSONY DSC

 

シンクはスタルクのデザインの超こだわりなレアな陶器のシンク。水栓金具はグロエ社と浄水器のシーガルフォーのコラボの最新の商品です。

ハンドルのデザインもこだわり、お客様の手にフィットする大きさで、鉄の作家「長命」さんにオーダーしたまさにハンドメイド作品です。

隅から隅までお客様のこだわりが凝縮したキッチンです。どんな難しいご要望でも、夢を叶えるのがウィッシュのオーダーキッチンです。

 

ウィッシュ姫路店をオープンします!

姫路市広畑区本町に兼ねてから計画していました

オフィスとモデルハウスを4月にオープンします。

桐と珪藻土の快適な空間を体験して頂ける事は勿論

タイルと無垢材のオーダーキッチンも見て頂けます。

姫路のお近くの方は是非、体験しにお越し下さい。

少しづつですが、リノベーションをおこなって

古民家ギャラリー&カフェもいつかは作りたいと思っています。

リノベーションした写真は近日中に公開します。お楽しみに!

SONY DSC

SONY DSC SONY DSC

オークの無垢材でフルオーダー家具をお造りしました。

4〜8人掛けのエクステンションテーブルです。角は全て丸くして子供さんが頭をぶつけてケガをしないようにしました。

テーブルと同じオークの無垢材の座面のベンチシートは中がたっぷり収納があります。

子供さんだったら一列に6人は十分座れるビッグサイズです。

ダイニングチェアは既製品ですが、素材も塗装も統一しました。

テレビボードもこだわり、オークの無垢材仕様で職人が丁寧に作りました。

ソファーはウィッシュ自慢の座り心地抜群のオリジナルです。200色以上ある素材からお選び頂きました。

ソファーにピッタリサイズのサイドテーブルはキャスターで自由自在に移動可能です。

キッチンの横にはマグネットも使用出来る天井までの黒板は21色のカラーから選びました。

お子様のお絵描きコーナーや家族の伝言板としても使えるホットなコーナーです。

納品後お客様と記念写真を撮りました。大満足の笑顔でホッとした瞬間です。

左は私デザイナー 中央はイケメン家具職人 左が施主様です。

床材のオークを最大に活かした統一した自然で心地よい空間になりました。

リフォーム&キッチン相談コーナーが出来ました。

店内に相談コーナーが完成しました。今までの施工写真やインテリア雑誌も自由に閲覧出来ます。

ウィッシュは雑貨屋もしくは家具屋さんにしか見えないとよく言われていましたので

半地下にあった相談コーナーを1階の店内に移動させました。どうぞこれからご自由にお使い下さい。

店内の囲炉裏に見た目にも暖かい炭火が入りました。

炭の良い香りが店内に広がり、幸せな気分になるのは私だけでしょうか?

岡本アパルトマンが完成!

タイルのキッチンです。実は昔の箱だけを再利用して扉やシンク、水栓も新しく入れ替えました。

こちらは新調した洗面台です。ミラーや照明もアンティーク調なモノを探し雰囲気も優しくなりました。

トイレも新しくなりました。ドアノブやトイレ表示も一生懸命探しました。

お風呂はシャワーも新しく付け、浴槽もタイルも新しく張り替えました。

ダイニングコーナーへ向かう廊下とダイニングです。壁は板張りのペンキ仕上げと珪藻土です!!

たっぷり収納可能な両面収納のウォークインクローゼットです。引き戸も木製で引き手はアイアンの握り易いモノを選びました。

寝室は6畳ですが引き戸をオープンにするとオープンで心地よい空間です。引き戸ののガラスはアンティーク調の泡ガラスとこだわりました。

こちらも壁は板張りのペイント仕上げと調湿効果の高い珪藻土です。1年を通して湿度60%の快適な夏涼しく、冬暖かい快適な空間です。

 

如何でしょうか?オーナー様と一緒に施工したこだわり一杯のアパルトマンです!オーナー様も貸したく無い様な仕上げになった様です!!

でも近々オープンハウスにして借りて下さる方を募集されます!その際はまたこのNEWSで告知させて頂きます!お待ち下さい!!

新年あけましておめでとうございます!

1月11日になってしまいましたが、新年あけましておめでとうございます。

今年はウィッシュも13周年(14年目)になり色々と新しいチャレンジの年にして行きます!

第一弾はウィッシュの店舗の半地下の事務所スペースだった所に加圧スタジオがオープンします。

そのため引っ越し作業で年明けから今まで力仕事の毎日で腰を痛めてしまいました(笑)

第2弾、第3弾も企画中ですので追々発表して参ります。楽しみにお待ち下さい。

本年も何卒宜しくお願い致します。