タイルのキッチン特集!

SONY DSCSONY DSC

 

SONY DSCSONY DSC

 

ウィッシュではオーダーキッチンを過去14年製作して参りましたが

タイルのキッチンが約7割を占めています。一番人気の商品です。

一番気になるタイルの目地の汚れですが、樹脂製に替わり以前に比べ

汚れがつきにくくなっています。それでも気になる方はグレーや

ベージュの目地も出ていますのでご安心ください。

コスト面でも人工大理石やステンレスに比べても割安です。

何と言っても可愛く、愛着が持てる素材だと思います。

過去100件近くのタイルキッチンを納品して参りましたが

お客様の満足度はナンバーワンだと言っても過言はありません。

神戸店や姫路ショールームに展示しておりますので是非お越し下さい。

SONY DSCSONY DSC

 

SONY DSCSONY DSC

新着!ステンレスキッチン!!

SONY DSC

SONY DSCSONY DSC

名古屋の建築家bandesignの新築物件に当社のステンレスキッチンが納品されました。

コンクリートの外観の箱の中に大きな大黒柱の木造の家がスッポリ入るという

新しいコンセプトで、階段は無く、建物の内側に螺旋状のスロープで大きく

廻りながら上階に登って行く斬新なデザインです。

キッチンは1階の吹抜け部分の大黒柱の側の家の中心に設置されています。

吹き抜けのため、レンジフードの排気は床下から外に出すタイプを採用。

スッキリとシンプルなデザインのキッチンが完成しました。

SONY DSC

 

パリの人気のライフスタイルショップmerciに行って来ました!

IMG_0267

 

北マレ地区にオープンしたライフスタイルショップ”merci”はいつ行っても人でいっぱいの超人気店。

インテリア家具や雑貨、セレクトされた服はどれもセンスよく、楽しいディスプレイで幸せな気分にしてくれます。

併設されたブックカフェやオーガニック野菜を使ったレストランもあり幸せな気分もさらに高揚させてくれます。

IMG_0223

このショップのオーナーは世界的な子供服メーカーの社長で、彼女がセレクトした品々は全て業界のトレンドとなり

トレンド発信の最前線のショップとなっています。またこの店の売り上げも地球環境保護活動に活かされており

たんにトレンドショップに終わらづ、世界中の人々が幸せな生活をおくれる事がショップコンセプトであり

多くの人にこのショップの生き方自体が共感を呼び、幸せを求める人々の連鎖がこの店から生まれています。

私たちウィッシュも日本で、神戸でこの活動に賛同した店づくりをして行きたいと思いました。

IMG_0236IMG_0263

 

 

築50年の両親が住んでいた古い家を北欧スタイルに!

SONY DSC SONY DSCSONY DSC

 

子供の頃から住み慣れた家も50年を経過し、マンション暮らしをしていた施主様には住みにくい家になっていました。

何と言っても一番の問題は、すきま風が吹き込む冬の寒さは耐えられない厳しい住環境でした。

木製の隙間だらけのサッシを最新のペアガラスのサッシに変え、底冷えのする床を桐のフローリングに張り替え

断熱効果を格段に向上させ、南側の開口部を最大に広げ日当りの良い住空間にリフォームました。

焦げ茶の和風だった内装も、白を基調にした、明るくモダンな北欧スタイルに変更し劇的に変化しました。

もう一つの問題の北に面した孤立した寒々しいキッチンを南向きに変え、家族と対話出来るキッチンに変更。

対面式キッチンの圧迫感のある天井からのレンジフードを床下に移し、スッキリした視界を確保しました。

築50年とは思えない快適で暮らし易くなった思い出の家が現代に蘇りました。

 

施主支給、施主施工リフォームで夢を叶える

SONY DSC

以前のキッチンもレイアウトを替え、目隠しの格子の間仕切も造作し、一新しました。

SONY DSCSONY DSC

 

ご予算120万円で何とか想い通りのリフォームをしたいと大変厳しいご要望でした。

ご要望を整理すると、奥様はやっぱりオーダーキッチンを、衣装持ちのご主人は専用のクローゼット。

家族が集まるLDKは珪藻土の壁に変えたいし、キッチンを隠す格子の間仕切もやっぱり欲しい!

既製品のキッチンなら何とか可能ですが、タイルのキッチンならやっぱりオーダーしか無い!!

苦肉の策として、キッチン設備を施主支給にして、お客様にインターネットで購入して頂きました。

珪藻土の壁は、家族全員、親戚が一同に集まり3日間で施工していただきました。

施主支給、施主施工でローコストで夢のリフォームが完成しました。

オーダーキッチンと家具で中古マンションをリフォーム

SONY DSC SONY DSC

 

第一子の妊娠をきっかけに真剣に家探しをはじめ、阪急沿線の駅近に中古マンションを見つけました。

しかし、前のオーナーはクラッシックな重厚感のある内装で、若い二人にはしっくり行きませんでした。

予算も少なくフルリフォームは厳しいけれど、自分たちの好みの明るくモダンなインテリアを切望。

使いにくい独立型のキッチンも不満で、子育てし易いオープンキッチンへの変更だけはどうしても譲れません。

限られた予算で大変身をするため、大きな間取りの変更はやめ、内装とオーダーキッチン&家具で大変身させました。

限られたスペースを有効に使うためキッチンとダイニングテーブルを合体。

家事も出来るカウンターも欲しいしと、盛り沢山の夢を叶えたオーダーキッチン&家具が完成しました。

素材とデザインを統一して家電収納、壁一面のテレビボード、洗面化粧台、玄関収納も作って頂きましたが

予算内に納まり、世界に一つだけのピッタリサイズの想い通りのリフォームが実現しました。

 

一人暮らし大人の女性の為のリフォーム

SONY DSCSONY DSC

住み慣れた築20年以上のマンションを思い切ってフルリフォームを決心。

沢山の思い出の品に囲まれた生活を捨て、スッキリとこの際ダンシャリ!!

捨てるものと残すものをリストアップし、最小限の生活にリセットされました。

料理が趣味の彼女は動き易いキッチンと友達を招いてお食事会を出来るスペースを優先にプランを進めました。

どうせフルリフォームを行うならウィッシュお勧めの桐のフローリングと珪藻土の壁と天井に大変身。

勿論、珪藻土のぬり壁は施主施工。ローコストと憧れの天然生活の両方の夢を実現されました。

珪藻土のぬり壁は、他のお客様のリフォーム現場で体験させて頂き、自分の家で実践されました。

ですから不安も全く無く、最初から楽しいぬり壁経験でした。その甲斐もあり全ての壁を珪藻土に仕上げました。

リフォーム後は仕事もプライベートも充実し、新しいライフスタイルを満喫されています。

 

店内に上質な眠りを体感して頂けるスペース誕生

SONY DSC

 

昨年の秋にイベントで京都の老舗寝具店IWATAの展示会を開催しましたが大好評でした。

この度6月29日、イワタさんとコラボし”IWATA KOBE”をオープンする運びとなりました。

ベッドを5台設置しておりますので実際に寝比べながらお好みの寝具をお選びいただけます。

カーテンで仕切り2〜3時間は仮眠して頂ける様に一部改装いたしましたので

じっくり時間をかけて確かめながら自分にピッタリの寝具を体感して頂けます。

ba08ab8d83677df960913ca0a3788b12-300x199

 

スプリングマットレスの難点を解消した、蒸れない、揺れない、暖かい

カシミア、キャメル、ヤク、ホースの高級天然毛を使用しています。四季を通して快適で

夏涼しく、冬は暖かい理想の眠りの環境が実現します。

是非、ウィッシュで上質な眠りを体感してみて下さい。

 

睡眠科学イメージ

 

 

ウィッシュではこれを機に快適な眠りを実現するために寝具は勿論、住環境を含めたトータルな

快適な眠りを科学した家作りを進めて参ります。新たなチャレンジにご期待下さい。

施主施工リフォーム完成!スーパー主婦誕生!!

SONY DSC

 

築40年以上の古いマンションのリフォームが完成しました。

なんと奥様が施工に参加して頂き、ペンキ塗り、珪藻土塗り、フローリング貼りまでと大活躍でした。

奥様は芸大の彫刻科出身とあって、工具も手慣れた様子で納戸を改装した書斎の桐のフローリング貼りにチャレンジ!

水平器まで購入されプロの大工さん顔負けの仕上がりでした。ペンキや珪藻土塗りは今まで何人もおられましたが

床まで貼って頂くのは今回初めてです。スーパー主婦誕生!思わずウィッシュにスカウトしてしまいました。

SONY DSC

 

元々南側に和室が二つありLDKは陽が当たらない中央の暗いスペースにありました。

3つの部屋をぶち抜き24畳の一つのワンルームにして広くて明るい空間に劇的リフォームしました。

内装は兼ねてから夢の桐のフローリングと珪藻土の天井と壁にして人に優しい空間に大変身!

キッチンもやっぱり変えたいしとかなりの予算オーバー!そこで奥様が自分でやるしかない!!

なんと前代未聞の施主施工のリフォームをする事で予算の問題は解決しました。

キッチンは余計な扉や引出しは全部取り除き超シンプルなデザインにしてコストダウン。

家電収納や家事コーナーまで併設して満足の行くデザインに、当初の想いが叶いました。

SONY DSC

普通の主婦でもリフォームに参加出来る事が証明されました。

次に続くスーパー主婦の出現をお待ちしております!

またまた難しいキッチンにチャレンジしました。

SONY DSC

イタリア人建築家依頼の、円形のキッチンを製作しました。

今まで数多くのキッチンを製作しましたが、これほど難しいデザインは初めてです。

何度も図面を描いては職人と打ち合わせを行い慎重に慎重に進めました。

SONY DSC

 

扉も引出しも全て円形を作るのは大変で、アールの木型を作り

何枚もの木を重ね上から圧力をかけてじっくり製作しました。

これは職人さんが気が遠くなる時間と手間をかけてくれた御陰です。

SONY DSC

 

ウィッシュのキッチンには不可能と言う言葉はありませんが

全て職人さんの根気強い匠の技に支えられています。

久野家具デザイン工房の皆様本当にありがとうございました。