フレンチモロカンスタイルのリフォーム

お客様のご依頼は「フレンチモロカン風」にしたいとのご要望でした。

初めてのご依頼でしたので、イメージのお写真やお話をよく聞き出す事によって

全体像や細かなディティールも具体的に決まって行きました。

リビング&ダイニングは低いソファー兼ベンチで家族が集える和みスペースにしたい。

SONY DSC

ソファーを対面に並べ、壁面はブルーでペイントしました。

キッチンは中東風のモザイクタイルを使いながら決してカントリー風にせずに

スッキリとモダンで使い易い機能的なキッチンにしたい。

斜めの壁に沿ったV字型のキッチンは娘と二人で調理をしても邪魔にならないレイアウト

バーベキューコンロは絶対欲しい等、ご要望を一つ一つ解決して行きました。

SONY DSC

バーベキューコンロで焼き鳥やステーキを焼くのが理想でした。

SONY DSC

壁面とカウンターには中東風のモザイクタイルを探し貼りました。

一人暮らし女性のリフォーム

両親がお住まいのマンションの隣の部屋が売りに出たのを期に

将来の事を考えて思い切って両親の隣の中古マンションを購入されました。

元々お隣さんだったため子供の頃からよく遊びに行っていたお家なので

愛着があったのですが40年前のままだったのでフルリフォームを検討。

SONY DSC

 

和室が3部屋もある間取りだったため全ての部屋を大きなワンルームのフローリングの洋室に変更、

一人暮らしであっても来客時には寝室やウォークインクローゼットを間仕切る事が出来る引き戸を採用しました。

キッチンは友達を呼んでの女子会を行える対面式のオープンなタイルのキッチンを取り入れました。

水廻りは全て新しくし、内装も無垢材のフローリングと珪藻土のぬり壁にして予算は300万円とちょっと厳しいでしたが

ウイッシュお得意の施主施工リフォームで何とか乗り切り、予算は少しオーバーしましたが60㎡350万円でフルリフォーム完成。

旅行会社の支店長という超忙しいキャリアウーマンでしたが、珪藻土のぬり壁やペンキ塗りや障子張りのDIYも

日頃の忙しい仕事を忘れる楽しい時間になった様です。超忙しい人にも可能なDIYリフォームをお勧めします。

SONY DSCSONY DSCSONY DSC

 

札幌でリフォームしました!!

この度ご縁があって、札幌のお客様の依頼でリフォームをさせて頂きました。

打ち合わせはスカイプ(テレビ電話)でさせて頂き1000kmもの距離も感じませんでした。

メールやファックスと違って実際に顔を見ながらお話も出来て細かなニュアンスを

お互い伝える事が可能になり理想のリフォームが実現可能になりました。

SONY DSCSONY DSC

 

家具とキッチンは地元北海道の家具メーカーにお願いする事が出来、そのご紹介で

施工も地元札幌のマンション専門のリフォーム業者さんにも巡り会うことが出来ました。

業者間の意思疎通も工夫をすれば以外とスムーズに進み、当初の不安も全くありませんでした。

御陰で業者様の協力でお客様のイメージ通りのリフォームを完成させる事が可能になりました。

SONY DSCSONY DSCSONY DSCSONY DSC

今回のリフォームで北海道の地場産業の突き板の木材加工メーカーも北海道出張の際めぐる事が出来ました。

北海道の人のモノ作りへの真摯な取り組みに直接触れる事が出来、made in Hokkaidoの素晴らしさを

肌で感じる事が出来ました。ウィッシュの新しい家具作りにも繋げて行ければと思っています。

SONY DSCSONY DSCSONY DSC

 

 

キッチンリフォームで快適な暮らしを

IMG_0335

 

築2年の中古マンションを購入され、キッチンもまだまだ新しいのですが

どうしても理想のキッチンとは違っていたためリフォームを決心!

 

業務用キッチンのステンレスの使い勝手の良さは必ず取り入れたいのと

隠す家電収納やパントリー、ドイツ製の大型食洗機もと理想は膨らみ、予算オーバー!!

そのため前のキッチンのレンジフードや水栓金具を再利用しコストダウンしました。

工夫すれば何とか理想のキッチンが出来ます。そのお手伝いを私達がいたします!!!

IMG_0318IMG_0317

IMG_0327IMG_0328

施主施工リフォーム完成!

今回のリフォームは築40年近いマンションですが

購入時には一通り一般的な内装と水廻りは新しくリフォームされておりました。

しかし、見た目だけを奇麗にしただけのリフォームに満足出来ない施主様は

理想のリフォームとは程遠いリフォーム済み物件を全く廃棄してしまい

当社が推奨する桐のフローリングと珪藻土の内装と無垢材の建具や

オーダー家具とキッチンに変えるという思い切った決断をされました。

IMG_0083IMG_0075IMG_0077IMG_0104

そんなためご予算にも限りがあるため、共働きのご夫婦で二人の小さなお子様の子育て中でありながら

可能な限りの施主施工でコストカットをされ理想のリフォームを実現されました。

珪藻土のぬり壁は勿論、壁の自然塗料の塗装や黒板塗装まで、忙しい仕事と子育ての合間のDIYリフォームは

正直大変なご苦労でしたが、完成した後の満足感は計り知れないものがあったとおっしゃっておられました。

コストカットだけではない自分のため施主施工リフォームをこれからもウィッシュは応援して行きます。

IMG_0084

和室にベッド?!

02

和室にベッドってどうなんだろう〜て迷っておられる方、割と多いんですが、どうです?このベッドなら合います! ヘッドボードがないからスッキリ。実はその昔、天皇家の方々はこのようなベッドに寝ていらしたそうです。 その名も「御床(おんとこ)」。なるほど合うはずだ。

01

らくだの毛100%の敷きパットをのせた写真。セットで使うのがオススメ。程よい堅さで寝返りもスムーズ。 『良く眠れます!』ってご連絡頂きました。よかった♡

小豆島の別荘をリフォームしました。

小豆島のリフォームと言うことで1週間泊まり込みの強行軍でしたが

職人さんの頑張りで予定通り1週間でみごと完成しました。

IMG_0523IMG_0533

 

夏のバカンス用の別荘な為、冬はとても寒く冬場の利用ができませんでしたが

和室の寝室2部屋も含め全室床下に断熱材を入れ、桐のフローリングの2重構造でしっかり断熱工事を行いました。

これで一年中快適な別荘生活が可能になりました。

 

IMG_0553

 

キッチンは対面式に変え、キッチンを囲むように6人掛けのテーブルを合体させたデザインにしました。

家族みんなが顔を合わせながらの楽しい食事づくりも可能になりました。

 

IMG_0551

 

IMG_0567IMG_0568

 

タイルのキッチン特集!

SONY DSCSONY DSC

 

SONY DSCSONY DSC

 

ウィッシュではオーダーキッチンを過去14年製作して参りましたが

タイルのキッチンが約7割を占めています。一番人気の商品です。

一番気になるタイルの目地の汚れですが、樹脂製に替わり以前に比べ

汚れがつきにくくなっています。それでも気になる方はグレーや

ベージュの目地も出ていますのでご安心ください。

コスト面でも人工大理石やステンレスに比べても割安です。

何と言っても可愛く、愛着が持てる素材だと思います。

過去100件近くのタイルキッチンを納品して参りましたが

お客様の満足度はナンバーワンだと言っても過言はありません。

神戸店や姫路ショールームに展示しておりますので是非お越し下さい。

SONY DSCSONY DSC

 

SONY DSCSONY DSC

新着!ステンレスキッチン!!

SONY DSC

SONY DSCSONY DSC

名古屋の建築家bandesignの新築物件に当社のステンレスキッチンが納品されました。

コンクリートの外観の箱の中に大きな大黒柱の木造の家がスッポリ入るという

新しいコンセプトで、階段は無く、建物の内側に螺旋状のスロープで大きく

廻りながら上階に登って行く斬新なデザインです。

キッチンは1階の吹抜け部分の大黒柱の側の家の中心に設置されています。

吹き抜けのため、レンジフードの排気は床下から外に出すタイプを採用。

スッキリとシンプルなデザインのキッチンが完成しました。

SONY DSC

 

パリの人気のライフスタイルショップmerciに行って来ました!

IMG_0267

 

北マレ地区にオープンしたライフスタイルショップ”merci”はいつ行っても人でいっぱいの超人気店。

インテリア家具や雑貨、セレクトされた服はどれもセンスよく、楽しいディスプレイで幸せな気分にしてくれます。

併設されたブックカフェやオーガニック野菜を使ったレストランもあり幸せな気分もさらに高揚させてくれます。

IMG_0223

このショップのオーナーは世界的な子供服メーカーの社長で、彼女がセレクトした品々は全て業界のトレンドとなり

トレンド発信の最前線のショップとなっています。またこの店の売り上げも地球環境保護活動に活かされており

たんにトレンドショップに終わらづ、世界中の人々が幸せな生活をおくれる事がショップコンセプトであり

多くの人にこのショップの生き方自体が共感を呼び、幸せを求める人々の連鎖がこの店から生まれています。

私たちウィッシュも日本で、神戸でこの活動に賛同した店づくりをして行きたいと思いました。

IMG_0236IMG_0263