part 3

skmbt_c25316111916062skmbt_c25316111916070

part 2

skmbt_c25316111916060skmbt_c25316111916061

Renovationパンフレットできました。part 1

以前ご紹介させて頂いたM邸のリノベーションをパンフレットにしました。skmbt_c25316111916050skmbt_c25316111916051

これぞオーダーキッチン!

新婚当時に購入した思い出の食器棚をずっと使いたくて

新しい家にはあえて古い民芸家具調のオーダーキッチンに

したいとご相談がありました。

SONY DSC

右の二つが当時の民芸調食器棚。左の家電収納と食器収納は素材や色、細かなディティールを合わせて新しく造作し統一させました。

SONY DSC

キッチンも民芸調の家具のイメージでデザインし、最新のキッチン設備とステンレスの天板で使い易い現代風になりました。

SONY DSC

育ち盛りのお子様が3人のため、米びつ収納はお米が10kgまで入る大容量です。

 

 

トータルにデザインしました。

新築を建てられたお客様のLDKをトータルにデザインさせて頂きました。

オーダーキッチンや家具以外にも建具やテーブルも含め全てオーク材で統一し

ナチュラルな木の優しい表情を残しながらシンプルな空間にデザインしました。img_0694

キッチンはステンレスの天板を使用しキズや耐久性に強いバイブレーション仕上げ。

腰から下に食器やキッチンツール、家電、食品を出来るだけスッキリさせた隠す収納にし

目線より上にはディスプレイを兼ねたオープン棚で見せる収納にはっきり分けました。

img_0702

オープンなアイランドキッチンはいつもスッキリさせていたいので

洗剤やスポンジを隠せるポケットをシンクに取り付けました。

img_0709

キッチンと繋がるリビングの家具はキッチンと素材とディティールを統一し

上部のオープン棚で一つの空間になる様、間接照明で繋がりをデザインしました。

img_0698

3人のお子様が並んで学習出来るスペースと家族全員で楽しむホームシアター

機器をスッキリ収納できるリビングボードも家具で繋げました。

ミニマリズムな暮らしを楽しむ

お施主様は、30歳代のご夫婦。約60㎡の空間を最大限に活かし、狭さを感じさせないシンプルな暮らしをご希望でした。

テーマは「巴里のアパルトマン」。モノトーンに統一し、その分質感にこだわりました。

SONY DSC

壁と天井は、英国製塗料を使い、微妙な色と質感を出しました。建具はオーダー、全て黒で統一しました。床は、WISHのリフォームではおなじみの桐材。今回は初めてヘリンボーン柄に貼りました。シンプルな空間にアクセントになっています。

dsc02699

取手のない、シンプルなキッチン&カップボード。人工大理石の白に、ピン角のステンレスシンクがベストマッチ。

dsc02707

寝室の壁1面はグレーでアクセントをつけました。

dsc02634

バスルームの入口にあるのはタオルウオーマー。
タオルバーがわりになり、更に暖房も兼ねる優れものです。

もっと詳しいリーフレットを作っています。
ご希望の方は、ご連絡ください。お送りいたします。

子育てに追われる毎日を快適にするリノベーション。

SONY DSC

築40年の建て売り住宅をご購入されたお客様。お嬢様お二人はまだ幼稚園前。子育てしながらも快適に過ごしたいとご依頼下さいました。                             まずはキッチン。家事デスクも一体にしたコの字型は動線が短くて使い易さ◎。

SONY DSC

寝る時以外は子供達と過ごすLDK。キッチンに立っていても子供の姿が見えて安心です。

内田邸  もっと詳しい内容のリーフレットを作りました。見てみたいと思われる方はウイッシュまで  ご連絡ください。御郵送可能です。

桐のキッチン作りました!

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

新しいキッチンを納品しました。なんと総桐です。リビングの真ん中に鎮座する「セカンドキッチン」のため、使わない時は存在を隠せるよう、天板を開閉出来るようにしました。桐は、実は火にも水にも強い素材、金庫の中に使われていたりします。桐タンスのように長くご愛用頂きたいです。

 

 

オークのオーダーキッチン

IMG_0362

新築中のお客様よりどうしても工務店からの提案の大手メーカーのキッチンが気に入らないから

至急オーダーで作って欲しいと12月の初旬にご相談がありました。

しかし納期を聞いてみると1月18日に引っ越しなのでそれ迄にというご要望でした。

お正月休みもあり実質プランから納品まで約1ヶ月と時間がありません!!

家具工房さんやパーツメーカーさんにも無理をお願いし無事完成しました。

今迄の最短記録を樹立!やれば出来るんだ!!

結果お客様にも満足して頂き、ホットしております。

関係者の皆様、ご協力下さり誠にありがとうございました!!

IMG_0355

コーヒーショップのデザインをさせていただきました。

IMG_0326

コーヒー豆を自家焙煎しインターネットで販売される工房兼

コーヒーショップのデザインを今回させて頂きました。

仲の良いご夫婦の念願だった珈琲豆焙煎工房の名前は「珈豆舎」

何とも愛らしいネーミングはお二人の人柄にピッタリ!

そんなご夫婦の想いが叶うデザインになる様心がけました。

IMG_0331IMG_0329

細長い店内の前面には焙煎機をレイアウトし、前面の道路から作業風景を見て頂き

奥にはカフェスペースを配置し、珈琲の専門書や関連の雑貨をゆっくり眺めながら

試飲して頂けるカウンター席を設けました。2階はゆくゆくはワークショップを開く為の

多目的スペースをもうけ、珈琲好きの方が集える空間をコンセプトにデザインしました。

IMG_0333

今回の店作りはご夫婦が仕事をしながらでしたので、1年近く打ち合わせを繰り返し

壁塗りや家具や床の塗装もお手伝い頂きながらゆっくり、じっくり施工をすすめました。

御陰でお二人の想いのこもった暖かく優しい店が完成しました。

詳しくは「珈豆舎」のホームページをご覧下さい。URL http://komamesha.jp

E-mail info@komamesha.jp