開けると「あらっ、こんなところに」その2。

一見普通の、床の間!?

でも、実は後が収納になっています。
どんどん増えるお茶道具をしまいたいとのご相談で
床の間のサイズぴったりに、収納を作ったのです。
扉には、お客様お気に入りの京都の和紙を貼りました。
限られた空間の有効活用。オーダーなら叶います。

 

 

 

開けると、「あらっ、こんなところに!」

リビングに大きな収納を作りました。オーク材突き板の観音開き。

開くと、、なんとお仏壇が。ご実家にあった大きなお仏壇を自宅に引取られ、リビングに置くしかないのだけれど、ちょっと隠しておきたい時に収納が欲しいとのご相談でした。

サイズぴったり、オーダーならでは です。
_
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本業からは外れますが….自主上映会を開きます。

この映画を知ったのは1年前。渋谷の映画館の告知でした。
見たいと思い調べるも神戸で見れる所はありませんでした。
同時に同じ思いを持った友人達と初めて自主映画会を開催したのが
昨年春。友人知人を中心に沢山集まってくださいました。
「これで満足」とも思いましたが、いやいやまだ知らない人が沢山。。
頑張って、もう一回やろう!とみんなで一念発起、来月1日にもう一度開催します。

この映画は、ファッション業界の実状を描きながら、もっと根本の
畑の農薬被害の問題、種子の問題、公害の問題など服だけに留まらない多くの
問題を私たちに気づかせてくれます。

日時:4月1日 14時開場 14時半開演
場所:神戸アートヴィレッジセンター 神戸市兵庫区新開地5−3−14
価格:前売り900円 当日1000円

映画の後は、最近話題の新開地界隈を楽しんで頂くもよし♡
お誘い合わせの上、是非いらしてください!

フルベジタブルタンニンレザーの製品達

ミモザの樹皮から抽出されたタンニンで、じっくり時間をかけてなめしあげた純正ヌメ革の
バッグや小物達です。
左のショルダーは昨年一番人気でした。
薄いですが、長財布もちゃんと入ります。
軽快にお出かけできますね。

キーケースやキーホルダーも人気のアイテム。プレゼントにされる方も多いです。

一度背負えばわかる「奇跡の背負い心地」のナイロンリュック。

登山好きが高じてザックを作り始めた職人が1点1点手作りしています。もともとは登山用に開発されたリュックをタウンユースとして男女どちらでも違和感なく使えるようアレンジしました。
重い荷物を入れても重心が上に来る設計、日本人の体型に沿ったパターンなどなど使い勝手をとことん追求。
わざわざ遠方から注文が入る人気商品です。

今年もやります!「made in west 2018 」フェア

____

今年もSOFAフェア開催します。

1日中座っても疲れない快適性。
長くお使い頂ける耐久性。
人間工学に基づいたデザイン性。
全てを追求したmade in Japanのソファ。
今年も新作が届きました。
これは、丸みを帯びた形が優しい1台。

フレームは無垢材を使い
しっかりと。座面やクッションはフェザーを使って優しく、身体を支えます。

一番人気のモデル。
奥行きが110cmと深く、
脚をあげて座り込める
日本人にピッタリ?!のソファです。
3台とも3月頭までの展示となります。
是非お試しにいらしてください。

竹のある暮らし展開催中!今月29日まで。

ラウンジチェアは、ゆったりTVを見るのに最適。
サイドボードはTVボードとしても使えます。

サイドボードや、ゆるやかに空間を間仕切ることが出来ます。

三角のスツールは椅子としてだけでなく、花器を置く台にしてもgood。

竹を薄くスライスし張り合わせたランチョンマット。
汚れもさっと拭き取れ
使い勝手の良いマットです。

小さめのデスクはお部屋の隅に置いておくのに便利。
「こんなの欲しかった」と人気です。

ただいま内覧会中のおうちをちょっとご紹介します。

いま、内覧会させて頂いているおうちです。

床は桐無垢材、壁天井は珪藻土をぬりました。ビニールクロスの上から塗れるんですよ。キッチンの開口からリビングを見ています。


キッチンと収納は、今回はリクシルのものを採用しました。キッチンの位置を変えて対面式に。お皿洗いも気持ちよくできますね。


玄関からリビングまで、段差をなくしてバリアフリーに。桐の床は、来られた皆様が「気持ちいいね〜」とおっしゃいます。

5m60cmの長い壁を有効につかって、PCデスク、TVボード、リビング収納を一体で造作しました。WISHはオーダー家具屋でもあります(^^)

ソファーは、T’s mobile社のもの。深い紫が落ち着いたアクセントになりました。

内覧会は、明日までやってま〜す。

今年も「Order BODER  ボーダーTシャツ受注会」開催しま〜す!

 好きな配色で、オリジナルボーダーTシャツが

作れる受注会。今年で3回目になりました。人気のヒミツは、楽しさは勿論、その生地の気持ち良さにあります。

アメリカ産オーガニックコットンを使用。編み立てから縫製、出荷まで全工程を新潟県加茂市にある会社と

その近隣の町内で行われている、まさしくMADE IN KAMO。「しっかりしているのに堅くない。」

「洗っても型崩れしない。」私とお客様の共通の感想です。

今回は、ニューフェイスが3つ。

1つ目は、ヤクの毛が入った上品で柔らかい印象のグレー。期間限定色です。

2つ目はキッズ用。

80.100.120の3サイズあります。親子でお揃いとか、、プレゼントにもいいですね。

3つ目は、クルーネック。衿ぐりの色も指定出来ます。

ますます楽しくなっている「オーダーボーダー」。4月2日までです。見に来てくださいね。