ジャパニーズモダンのリフォーム1

築32年のセキスイハイムの一戸建て住宅をフルリフォームさせて頂きました。

長年買い求めた家具に占領されたLDKは統一感もなくお洒落なな空間には程遠く

この際、スッキリしたジャパニーズモダンな空間をコンセプトにプランを立てました。

SONY DSC

壁面は作り付け収納でスッキリと

 

素材とカラーには打ち合わせを充分に行い、お手持ちの家具や理想の空間について話し合いました。

カラーはウォールナット色がお気に入りでしたが、あまり重すぎないように白を基調にした明るさを

配慮し、自然で暖かい桐のフローリングと珪藻土の塗り壁で空間を構成しました。

SONY DSC

桐のフローリングと珪藻土の壁で落ち着いた和の空間

 

今迄は独立したキッチンで孤立感を感じていましたが、憧れの対面式のキッチンで家族と

会話しながら毎日の家事を楽しく過ごせるレイアウトで問題を解消しました。

しかし、リビングから丸見えも落ち着かないので、手元は隠す高さでキッチンを造作しました。

SONY DSC

オープンキッチンでありながら手元は隠す