姫路のリフォームモデルルームの写真です!Vol.1

SONY DSCSONY DSC

 

以前は応接間として使われており、1970年代流行の板張りの少し薄暗い重厚なイメージでした。

リフォーム後は壁を白くし、昔のドアも黒板塗料で黒く塗りモノトーンの世界にしました。

10畳とそんなに広く無いリビング&ダイニングには壁掛けテレビで空間を広く取りました。

SONY DSC

 

2m60cmの天井の高さを有効に使ってギャラリースペースに活用し

ソファーの横はコレクションのギターを並べ趣味コーナーにしました。

SONY DSCSONY DSC

 

元々の応接間とダイニングキッチンの壁を抜き、リビング&ダイニングを見渡せるオープンキッチンにしました。

タイルの天板とオークの無垢材を使用したオーダーキッチンは収納もたっぷりと確保しました。

SONY DSC

 

キッチンの背面は全面黒板にして楽しいディスプレイコーナーにしました。

右の壁面にはスッキリと家電と食器を収納出来る様、大きな扉をつけました。